男のメタボ解消法まとめ

ダイエット

いつまにかお腹がでてしまった。しかしメタボの状態になった時には、健康に影響をかなり及ぼすようです。簡単にメタボを脱出できる方法などまとめて見ました!

メタボ(メタボリックシンドローム)とは

メタボリックシンドロームは、内臓脂肪型肥満を共通の要因として高血糖、脂質異常、高血圧が引き起こされる状態で、それぞれが重複した場合は命にかかわる病気を招くこともあります。ただし、食べ過ぎや運動不足など、悪い生活習慣の積み重ねが原因となって起こるため、生活習慣の改善によって、予防・改善できます。

出典メタボリックシンドロームを予防しよう

内臓脂肪とは?

お腹まわりの筋肉と内臓の間につく脂肪で、外見からはよくわかりません。内臓脂肪は、筋肉運動の時や空腹時の即戦力エネルギーとして使われます。溜まりやすい半面、落としやすい脂肪です。メタボリックシンドロームの原因になりやすく、生活習慣病を引き起こしやすい脂肪です。

出典内臓脂肪型肥満と皮下脂肪型肥満の違い – 家族みんなの健康百科

内臓に脂肪がたまる理由

食生活の欧米化糖分の多い食品の摂取運動不足脂肪細胞の増加その他にも、過度なアルコール摂取や、喫煙、ストレスなど

出典内臓脂肪がたまる原因 – 家族みんなの健康百科

解消法

■有酸素運動

内臓脂肪を燃焼する方法として効果的なのは、有酸素運動

出典内臓脂肪を燃焼する方法

なぜ有酸素運動が良いのか?

血液中には脂肪が流れていますが、その脂肪が体脂肪となる前に酸素を結合して燃焼されるというしくみからです。すでに体脂肪になってしまったものは、血中脂肪の次に燃焼されます。また、血液中の脂肪や、ついてしまった脂肪を燃焼させるには、ゆっくりとたくさんの酸素を取り込むことで、脂肪を燃焼させることができます。

出典内臓脂肪を燃焼する方法

■ストレスをためない

ストレスがあると太りやすくなります。ストレスが加わると胃を壊して食がすすまない人もいますが、逆によく食べて太る人も多いんです。ネズミのシッポに洗濯バサミを挟んでストレスを与えると、よく食べて太ることが分かっています。そのメカニズムは、ストレスが脳の視床下部を刺激し、脳下垂体から副腎に伝わり、内臓脂肪がつきやすくなる副腎皮質ホルモンが分泌されるためです。

出典「肥満・内臓脂肪を解消する-part1-」先生、教えて! | Panasonic ヘルスケア | Panasonic

■食事も工夫

飲酒量を減らすのと、摂取カロリーを少なくするのは当然ですが、よくいわれる炭水化物抜きダイエットはあまりお勧めできません。確かに短期的には体重を落とすことにはつながるのですが、長続きせず、脂肪を落とすには、あまり向かないように思います。それよりも、野菜などで食物繊維を多く摂ることが有効です。食物繊維の多い食事は、血糖値の上昇を抑えることから、糖尿病予防にも効果的ですし、動脈硬化や心筋梗塞を引き起こす炎症反応を、非常に大きく防ぐことが報告されています。

出典肥満共通の解消法(食事について)|肥満|症状別解消法|コミコミクリニック みんなの家庭の医学

関連リンク

タイトルとURLをコピーしました