【ダイエット】太りにくいごはんのおかず

ダイエット

今日、炭水化物ダイエット(糖質制限ダイエット)が流行しており、ごはん(米)を制限している方も多いと思います。そこで、どうしてもごはん(米)を食べたいときに制限せずに、太りにくいおかずを選んで食べてみてはどうでしょうか

毎日は糖質制限ダイエットはムリという方は、ダイエットに効果があるおかずを選んでみては?

納豆

image_page_2140956527484665201_image_no_0

納豆は食物繊維が豊富ですので腸内環境を整えてくれます。また、血液をサラサラにする「ナットウキナーゼ」をはじめ、たくさんの強力な消化酵素を含んでいます。

出典一緒に食べると体脂肪になりにくくなる3つの「ごはんの友」- 最新ニュース|MSN トピックス

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

キノコ鍋

出典:www.dashiya.jp

おから

出典:yururinnews.com

おからに多い食物繊維は不溶性なので、胃腸の中でとけず、水分を吸収して量がふえ大腸の内部の流れをよくします。便の移動が早まり、脂肪の吸収を抑える効果があるため、ダイエットにおおいに役立つというわけです

出典おからでやせる!健康になる![おからダイエット] – gooダイエット

Twitter / アカウント凍結
ニュース速報、エンタメ情報、スポーツ、政治まで、リアルタイムでフォローできます。

とろろ

出典:d.hatena.ne.jp

キムチ

出典:n-jinny.com

キムチにたっぷりと使われるトウガラシには、カプサイシンという辛味の成分が含まれています。カプサイシンには、 中枢神経を刺激して副腎からのホルモンの分泌を促進する働きがあります。これによって新陳代謝が盛んになり、体内の褐色脂肪細胞の分解を促進すると言われています。

出典燃焼効果抜群!?キムチダイエット | スキンケア大学

キムチと納豆の相乗効果

出典:www.sendainatto.jp

キムチに含まれるカプサイシンの脂肪燃焼効果と、納豆に含まれる食物繊維(満腹感を与える)やビタミンB2(脂肪代謝に関与)、低脂肪・高タンパクという特性がダイエットに効果をもたらすと期待されています。納豆発酵食品であるキムチと納豆を一緒に食べることで、乳酸菌と納豆菌の相乗効果で腸内環境が整えられ、よりダイエット効果が増すと考えられています。

出典キムチ納豆ダイエットの方法・効果の紹介 | @niftyスポーツクラブ

タイトルとURLをコピーしました