ダイエットにも効果的! カフェインの効果まとめ

カフェインとは

パフォーマンス向上にも

カフェインは中枢神経を覚醒させ、疲労や眠気を軽減する。通常の量であれば学習と記憶に影響し、一般的に反応時間、覚醒、集中、運動コントロールを向上させる。

出典カフェイン – Wikipedia

image_page_2156274297663653401_image_no_0

副作用

めまい、興奮、不安、不眠症、下痢、吐き気などを及ぼす可能性がある。カルシウムの排出を促進する。カルシウムの摂取量が少ない人や、カルシウム摂取が必要となる妊婦などは摂取する際に注意が必要。

出典【カフェイン】 効果・副作用・中毒と多い食品の含有量 | ダイエットSlism

カフェインによって、興奮状態にある時は、疲労感も吹き飛びます。しかし、実は体の疲労が無くなったわけではなく、疲労を感じないようになっている。カフェインが途切れると、一気に体に疲労感が襲ってきます。

出典カフェインの効果と副作用!上手で効率的な取り方を解説します! | 笑いがあれば日々是好日

摂取のタイミング

一般の方の一日の摂取量の上限

摂取許容量は設定されていないが、世界保健機関では、妊婦に悪影響を及ぼさない1日当たりの摂取量として、コーヒーに換算して3~4杯と発表している。

出典【カフェイン】 効果・副作用・中毒と多い食品の含有量 | ダイエットSlism

カフェインを取り過ぎると、カフェイン中毒になるかも

最悪の場合

カフェイン飲料を飲む時に気をつけたい1日の上限は400mg。400mgを短時間のうちに摂取してしまうと、カフェイン中毒という急性症状が出てきて、1日に約11000mgを超えると致死量と言われています。

出典【危険!?】カフェインの一日の摂取量の上限と死亡事故について | エナジードリンク評論家

カフェインについての世間の声

https://twitter.com/yankorun/status/1153109933572816901
タイトルとURLをコピーしました