【減量】腹持ちが良い!ダイエットに役立つ低GI食品とは?

低GI食品に関するまとめ記事です。炭水化物を主にGI値の低い食品がら摂取することで、ダイエットに役立てることができます。

低GI食品とは

image_page_2133597411279044101_image_no_0

GIとは、Glycemic Index(血糖指数)の略で、炭水化物を食べた後の血糖値の上がる速さを示した指数のこと。この値が少ないほど、血糖値が緩やかに上がると言われています。私たちの体は、食べ物を食べて血糖値が上がると、膵臓からインシュリンを分泌し血糖値を下げます。このインシュリンには脂肪を作ってしまう働きがあります。高GIの食品を食べると、血糖値は急激に上昇するので、からだはそれを下げようとしてインシュリンを大量に分泌します。逆に低GI食品は、血糖値を緩やかに上げるので、インシュリンがたくさん分泌されず、結果的に体に脂肪を溜め込みにくくなるのです。

出典http://allabout.co.jp/gm/gc/301367/2/

低GI食品を食すことによる実感できる変化

空腹になりにくい

良く噛む様になり食事時間が長くなる

食後に眠くなるリスクを軽減できる

減量中こそ食べるべきであるGI値の低い身近な食品

バナナ(GI値55)1本までに抑えよう

そば(GI値50)めんつゆと蕎麦自体の取りすぎに注意

減量中には食べるべきでないGI値の高い身近な食品

洋菓子全般(GI値80〜100)バターと砂糖によるもの。超絶太るもと。ダイエットしたいのに食うのは狂気の沙汰。

白米(GI値81)洋菓子よりかはマシだが極力控えるべき。

タイトルとURLをコピーしました