え!今の肉じゃないの??魔法の乾物【大豆ミート】

ダイエット

今、健康&美容マニアの間で、”見た目、食感、味、どれをとっても肉そのものだ”と、話題になっているのが魔法の乾物「大豆ミート」のまとめです。

言わないと最後まで肉だと信じて食べる人がほとんど。

畑の肉・大豆で作られた肉そっくりの食材で、肉のボリュームと美味しさはそのままに、栄養価とヘルシーさを上乗せできると、じわりじわり人気が出ている。

出典肉みたいで低カロリーと話題に!魔法の乾物「大豆ミート」(大豆ミートで”満腹”ダイエット) – 女性自身[光文社女性週刊誌]

じつは、昔から身近な存在だった大豆ミート。原料の大豆グルテンは、食感はもとより保存性の高さなどから、カップ麺の”肉っぽい”具や、駄菓子の原材料などにつかわれている。

出典http://jisin.jp/serial/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88/soymeat/5484

「大豆ミート」の良いトコロ

1.【肉のような食感!】ジューシーで弾力のある心地よいかみごたえは、まさに肉!焼く、揚げる、煮る……と調理法やアレンジの幅も広く、どれも肉らしく仕上げることができる。

2.【低カロリー高タンパク!】パワーフードの代名詞・大豆をまるごと使用。良質なタンパク質や食物繊維、ミネラル、注目の大豆イソフラボンをたっぷり含みながらも、カロリーは肉に比べて約3分の1。

3.【保存がきく!】大豆グルテンを乾燥させているから軽くてかさばらず、自宅でも長期保存(〜1年)が可能。必要なときに必要な分だけ使えて便利なうえ、戻したものは冷凍保存もできる。

4.【お財布にやさしい!】戻すと3倍の大きさになるので、1回に使う量はちょっぴりでOK。よけいな脂身や筋を落とす必要もなく、肉よりリーズナブル&手間ひまかけずに調理できるケースが多い。

出典http://jisin.jp/serial/%E5%81%A5%E5%BA%B7%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%83%E3%83%88/soymeat/5485

大豆の栄養素は世界中でも注目されています。大豆まるごとミートは、原料は大豆のみ。今話題の大豆イソフラボン、レシチン、サポニン、タンパク質などが豊富に含まれています。肉類と違い脂肪も少なく、良質なタンパク質、ミネラルと食物繊維を少量で摂取できるところがポイントです。

出典大豆まるごとミート・特集コーナー/ベジタリアンのための菜食食材ショップ

調理(戻し方)は簡単です。 大豆ミートを沸騰したお湯にいれ1~3分程度茹でて、お湯をしっかり切るだけ。

出典:

出典:

出典:

大豆ミートを使ったレシピも豊富!

大豆ミートとお豆腐のヘルシーバーグ。

出典大豆ミートレシピ

大豆ミートのチンジャオロース

出典

とり皮のからあげ風

出典

参考リンク

タイトルとURLをコピーしました