7日間で一気に痩せる!ホルモン周期ダイエット!

ダイエット

女性の生理周期を利用したダイエットでストレスを少なくダイエットを実現!

生理後はダイエットに最適な時期!

女性は生理前から生理中にかけていろんな症状で悩まされますよね。便秘やむくみ、肌荒れ、憂鬱感、倦怠感、腹痛などなど。それに、体重が増加する方もいます。生理前・生理中はせっかくのダイエットもモチベーションダウン…。そんな方も多いのではないでしょうか。でも、ツライ生理中を乗り越えた生理後は、実は女性にとってダイエット絶頂期なんです。

出典生理後は集中ダイエットで一気に痩せる!注目のダイエット方法とは? | ヤセルモ

image_page_2148662963386888601_image_no_0

生理周期についておさらい

生理は4つの周期に分かれています。月経期、増殖期、排卵期、分泌期の4つです。この間に受精卵の受け入れ準備を行い、必要なくなれば体外に排出するのです。個人差はありますが、それぞれおよそ1週間。つまり、約28日間が1つの生理周期となります。そして、この生理周期に大きく影響するのが2つの女性ホルモン。卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)です。この2つのホルモンの働きで生理は起こります。

出典生理後は集中ダイエットで一気に痩せる!注目のダイエット方法とは? | ヤセルモ

出典:i0.wp.com

一般的に生理(月経)というと、血が出ている時のことを指しますが、実は血が出ていない時にも子宮の中では変化が起きています。血が出るというのは、月経のひとつの過程に過ぎないのです。月経は大きく4つの段階に分かれています。月経期卵胞期排卵期黄体期の4つです。女性の体は、初潮から閉経を迎えるまで、一日たりとも休むことなく、この4つの段階を繰り返しています。

出典http://yaserulincoln.hatenablog.com/entry/2016/01/06/%E3%80%90%E5%A5%B3%E6%80%A7%E5%BF%85%E8%A6%8B%E3%80%91%E7%94%9F%E7%90%86%E5%89%8D%E3%83%BB%E7%94%9F%E7%90%86%E4%B8%AD%E3%83%BB%E7%94%9F%E7%90%86%E5%BE%8C%E3%81%AE%E3%83%80%E3%82%A4%E3%82%A8

ダイエットに適した周期は?

月経期卵胞期排卵期黄体期の4つのうち、どれが生理中にあたるのでしょうか?その答えは月経期です。そして意外なことに体に不調があらわれるのは、月経期よりも黄体期であるといわれています。人によって個人差はありますが、生理が始まってからよりも、始まる前のほうがイライラやだるさが強いという傾向があります。体に脂肪がつきやすく、太りやすくなるのも黄体期です。では、なぜ黄体期には太りやすくなってしまうのでしょうか?

出典【女性必見】生理前・生理中・生理後のダイエットを徹底解説! – 痩せるダイエット方法

image_page_2148662963386888601_image_no_1

生理周期別ダイエットの心構え

●サイクル1「生理期間中(1~7日)」PMSの症状がまだ出ている間は無理をせず、むくみ解消、リラックス効果のあるストレッチを行いましょう。PMSの症状が治まって来たら、ストレッチとトレーニングを取り入れてエクササイズ開始です。●サイクル2「生理終了後から排卵日(8~14日)」最も脂肪燃焼が望める時期ですから、運動をして効果を高めましょう。1カ月のうち、たった7日間実践すればいいだけなのです。ストレッチは、使う筋肉の部位を伸ばすようにしてください。例えば、腹筋運動を行うときは、その前におなかの前をしっかり、20秒ほどストレッチしましょう。この時期は女性にとっては脂肪燃焼率をアップしてくれる、エストロゲンが最も多く分泌される時期にあたるため、筋肉を刺激すると、体のラインが整って効率的に体の引き締めができるのです。食事は、まずエクササイズの前に、いつもよりやや多めの炭水化物をとるようにします。エネルギー切れを防ぐためです。エクササイズの後は、炭水化物と一緒にタンパク質をとりましょう。筋肉が成長するのに役立ちます。

出典生理直後の7日間で一気にやせる「女性ホルモンダイエット」のやり方教えます|「マイナビウーマン」

image_page_2148662963386888601_image_no_2

●サイクル3「排卵後から生理前(15~28日)」「女性ホルモンダイエット」の始まりは、ここからです。PMS(月経前症候群)が始まるタイミングがこの時期。女性ホルモンのプロゲステロンの分泌が増えて、代謝が悪い溜め込みモードになります。また、生理前に誰もが体験する、眠気、イライラ、甘いものが食べたくなるなどの症状が出ます。ダイエットを実践するのが最もつらいときです。どうしても甘いものが我慢できないときは、カカオ含有率の高いチョコレートをひとかじり食べることをお勧めします。我慢しすぎないことになりるだけではなく、これがカカオに含まれる成分がダイエット効果をアップしてくれます。食事では、塩分と炭水化物をできるだけ控え、あわせて食物繊維が含まれる食品を多くとるように心がけましょう。

出典生理直後の7日間で一気にやせる「女性ホルモンダイエット」のやり方教えます|「マイナビウーマン」

裏技

生理後ダイエットの効果を高めるためには、事前に準備をしておくことが大切です。準備といっても方法はいたって簡単。豆乳を飲むだけです。豆乳は、生理が来る7日~10日前から生理開始日まで飲みましょう。量は市販の豆乳1パック分(200ml)だけでOKです。豆乳には、エストロゲンと似た働きをする大豆イソフラボンが含まれています。そのため、生理前に起こりがちなむくみや脂肪の溜め込みを抑える効果があるとされています。さらに大豆サポニンには、食欲抑制の作用があるので、生理前のドカ食いを抑える効果が期待できます。こうした体質改善が、生理後のダイエットを後押ししてくれるとされているのです。おなじ大豆製品である、豆腐や納豆などにも大豆イソフラボンは含まれていますが、豆乳が最も効率よく消化吸収できることもオススメのポイントとなっています。

出典生理後のダイエットが効果的な理由とは?食事・運動方法を徹底解説! | デブ卒エンジェル

エストロゲンの影響で食欲が抑制されている生理後は、なるべく主食や甘いものを控えるようにしましょう。主食や甘い食べ物に含まれる糖質は、食後の血糖値を急激に上昇させます。すると、血液中の糖を細胞内へ取り込むために「インシュリン」というホルモンが分泌されます。インシュリンは、食事に含まれる糖を運動エネルギーに変えた後、余った分を脂肪として溜め込んでしまいます。脂肪が増える・・つまり太る原因です。さらにインシュリンの分泌は、もともと体に付いていた体脂肪を燃焼する機会も奪ってしまいます。ダイエットには非効率なので、なるべく糖質の摂取を抑えて、インシュリンの分泌を減らすことが大切です。卵胞期である生理後1週間は、糖質の摂取を避けることが理想的です。しかし、ごはんもパンもイモ類もお菓子も・・とすべてを食べずに過ごすことは難しいでしょう。そこで糖質を食べる際には、先に食物繊維を摂るようにしましょう。食物繊維には、血糖値の上昇を抑える働きがあります。食べる順番を工夫することで、糖の吸収を減らすよう心がけてくださいね。

出典生理後のダイエットが効果的な理由とは?食事・運動方法を徹底解説! | デブ卒エンジェル

出典:www.meiji.co.jp

タンパク質を積極的に摂ろう鉄分と一緒に血液中のヘモグロビンを作り上げているのが、「タンパク質」です。血流をより良い状態に戻し、代謝を高めるためには、タンパク質も一緒に摂るようにしましょう。タンパク質が生理後のダイエットに必要な理由は、他にもあります。1つは、タンパク質にはエストロゲンの分泌を促す作用があることです。ミラノ大学が行ったマウス実験では、食事中のタンパク質を減らすと、エストロゲンの分泌も妨げられたという報告がされています。また、タンパク質は筋肉の材料にもなります。筋肉はエネルギー消費を行う場所です。つまり筋肉が正常に稼働すれば、それだけ効率的に代謝が行われることになります。痩せやすい体作りには必須です。

出典生理後のダイエットが効果的な理由とは?食事・運動方法を徹底解説! | デブ卒エンジェル

image_page_2148662963386888601_image_no_3
タイトルとURLをコピーしました