実は太る!?やってしまいがちなダイエット法!!

image_page_2155513291198617301_image_no_0

間違ったダイエットとは

正しいダイエットは、バランスのいい食生活と適度な運動による減量。では、間違ったダイエットとはどのようなものでしょうか?

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

間違ったダイエット1)断食など極端な食事制限減量という意味では速効性がありますが、人間の体に最低限必要な栄養を摂取できず筋肉量が低下するため、基礎代謝量が落ちてリバウンドしやすくなります。→基礎代謝についてくわしくは「基礎代謝を増やそう!」→リバウンドについてくわしくは「なぜリバウンドするの?」

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

2)単品の食品に偏った食事りんご、ゆで卵、グレープフルーツなど、単品の食品のみを摂取するダイエットは、断食同様に栄養素を摂取できず、リバウンドもしやすい体になります。

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

3)下剤、利尿剤の使用体内の水分が排泄により失われますので体重は減りますが、脂肪は減りません。また過度になると脱水症状となり、健康にも被害を与えます

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

4)薬品やサプリメントの誤った使用「飲むだけで痩せる」とうたわれている商品もありますが、摂取カロリーと消費カロリーを減らさない限り、「飲むだけで痩せる」ということはあり得ません。薬品やサプリメントは、ダイエットの補助として正しく使用しましょう。

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

健康への悪影響

間違ったダイエットは、私たちの健康にどのような悪影響を与えるのでしょうか?

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

1)骨粗鬆症骨粗鬆症は、カルシウム吸収を促進するマグネシウムの欠乏や、ビタミンDの不足などが原因で起こります。骨は10代~20代に活発に作られますので、10代や20代の頃に誤った食生活が原因で、骨粗鬆症になる危険性があります。

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

2)摂食障害脳の視床下部にある摂食中枢と食欲中枢が、私たちの食欲をコントロールしています。しかし間違ったダイエットによる異常な食習慣が続くとコントロールが乱れ、その結果、過食や拒食などの摂食障害になる恐れがあります。

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

3)婦人科系トラブルバランスの悪い食事や過剰なダイエットにより栄養が不足すると、卵巣の機能が働かなくなり、女性の体をコントロールしている2種類の女性ホルモンの分泌量が低下します。その結果、月経不順、無月経、無排卵といった婦人科系のトラブルになりやすく、それが将来不妊の原因となってしまうこともあります。→女性ホルモンについてくわしくは「女性ホルモンとダイエットの関係」

出典キケン!間違ったダイエット方法 | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法

新年の目標は、「抽象的な目標をたてない」とか「非現実的な高すぎる目標にしないほうがいい」ということはわかっているでしょう。たてるなら、ちょっとチャレンジングではあるけれど、無理ではない具体的な目標にしましょう。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

でも、多くの人は具体的なミッション、たとえば健康的な食生活を送る、体重を減らす、もっと運動する、などの目標をたてながら、それでもやはり達成できないでいます。これはなぜかというと、一見よい目標に見えていても、実はそうではないためです。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

栄養士が患者から聞いたという「NGな新年の目標」を聞いてみましょう。もしかして、どこかで聞いたことがあるものもあるかもしれませんね……。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

01. 炭水化物はやめる!

「炭水化物は私たちの食生活に欠かせないもので、身体にとっても主要な燃料。低炭水化物ダイエットや炭水化物抜きダイエットは体重を減らすことはできるけれど、長く続けられるものでもないし、安全でもない」と説明します。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

長時間炭水化物を摂取しないと、グリコーゲンの貯蔵量が減ってしまい、身体は自然とエネルギーを得るために脂質を燃やすようになります。これがケトーシスと呼ばれる状態です。身体の中でケトン体が増えると、頭痛、吐き気、めまい、高コレステロールや息がくさくなるなどの副作用が起きてしまいます。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

02. 一日一食しか食べない!

一日中カロリーを制限すると、脳は飢餓モードに入ってしまい、それは結果的にウエストラインにも響いてきてしまいます。「実は一食しか食べないと、代謝が悪くなってしまいます。これは、カロリー摂取量が減ることに身体があわせてしまうため」とmiVIP Surgery Centersの管理栄養士でコンサルタントのリサ・コーンさん。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

さらにそのあと、食事を普通に食べるようになると、身体は次にカロリーが足りなくなったときのために脂肪を溜め込みやすくなってしまうそう。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

03. 次に妊娠したら、タバコを吸うつもり

バワーマンさんの患者で、新年に二度目の妊娠を計画していた女性がいたそう。妊娠糖尿病はきちんとコントロールしないと、子どもが巨大児になることが多く、妊娠糖尿病だった彼女のひとり目の子どもも、5キロ近くで産まれたというのです。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

でもこの患者は「喫煙者からは未熟児が生まれる可能性が高い」という話を聞いて、食事を見直して血糖値をコントロールするのではなく、タバコで巨大児を防ごうと考えたというのです。バワーマン医師は、これを聞いてなにも言えなくなったそう……。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

04. グルテンフリーにする

セリアック病やグルテン不耐症やグルテンに過敏な人はグルテンをやめる、という目標はよいかもしれないけれど、それ以外の人にとってグルテンフリーをしても健康的なメリットはあまりありません。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

それだけでなく、グルテンをカットしてしまうと、全粒穀物に含まれるタンパク質、鉄分やカルシウムなどの豊富な栄養素も摂れないことになってしまいます。「グルテンフリーの加工品はビタミンやミネラルが含まれていないことが多く、カロリーも砂糖も多いものが多い」とアポヴィアン医師は説明します。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

穀物を食べるかわりに脂質の少ないタンパク質や野菜を食べれば体重を減らす助けにはなるかもしれないけれど、グルテンフリーの市販品を食べていても、体重は減りません。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

05. ◯◯キロやせたい

体重を落としたい場合、数字にとらわれるのではなく健康的な習慣を身につけることが大切だと言うのは、管理栄養士でマヨクリニックのヘルシーリビングプログラムのジェーソン・エウォルドさん。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

「たとえば、『毎日30分間歩く』というような、現実的で小さく生活を変えることに集中していれば、数字はおのずとついてくる。しかもそれをしているうちに、健康的な生活習慣も身につけることができるのです」

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

06. 毎日ジムに行く

今まで運動していなかった人や、あまり運動をしない人にとって頻繁に運動するという目標をたてることははじめから失敗するようなものです。「新年の目標は、現在のフィットネスレベルに合わせた実現可能な目標にすべき」というのはブーヴォワーさん。「週3回1時間運動する」といった現実的な目標のほうがよさそう。最初の目標を達成したら、そのあと、もっとチャレンジングな新しい目標をたてましょう。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

07. 甘い誘惑は全部やめる

食生活を改善するときに「0か100か」というアプローチだと、近い将来に我慢していた食べ物をむちゃ食いして、その後に罪悪感や後悔の念に襲われてしまうことが起きます、とエヴォルドさんは話します。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

我慢をするよりも、食事のなかでフルーツ、野菜、赤身の肉、複合炭水化物などの健康的な食材を増やすことに意識を向けたほうがよいでしょう。また、たまに食べるごほうびはダイエットの邪魔になるのではなく、むしろダイエットの達成を助けてくれるはずです。

出典栄養士が話す「間違ったダイエットの目標」をたてない方法 | MYLOHAS

タイトルとURLをコピーしました