空腹こそ最強のクスリ!?…食べない時間を増やすといいらしい

空腹の力によって、多くの病気や不調は改善できるらしい

◆空腹がヒトを健康にする?

出典:AMAZON:オートファジー 分子メカニズムの理解から病態の解明まで (The Frontiers in Life Sciences)

◆オートファジーとは

オートファジーとは、細胞が飢餓状態になると、細胞自身の一部や、体内の不要な細胞を分解し栄養源を作る機能のことです。

出典オートファジーで空腹を幸福に! | ALIS

不要な細胞とは、病的に侵された細胞や老廃物など不要と判断された細胞のことです。

出典オートファジーで空腹を幸福に! | ALIS

◆空腹の時間を増やすことの重要性に注目

最新の医学エビデンスによると、「何を食べるか」よりも「食べない時間(空腹の時間)を増やす」ことの重要性に注目が集まっている。

出典がんを克服した医師が実践 「空腹ルール」で長寿もダイエットも実現する – グノシー

◆オートファジーを起こすためには、空腹の時間を増やす

その方法は、「連続16時間の空腹時間」を確保するというもの。その16時間には睡眠時間を入れても良い。つまり、睡眠時間が8時間の人ならば、起きている間の8時間、ものを食べなければいいだけ。

出典がんを克服した医師が実践 「空腹ルール」で長寿もダイエットも実現する – グノシー

この食事法は、肥満や糖尿病、ぜんそくやアトピー性皮膚炎、関節リウマチ、うつ病や統合失調症にも著明な効力を発揮することがさまざまな研究でわかっています。空腹によってオートファジーが活性化し、傷ついた体の細胞が修復されていくのです

出典がんを克服した医師が実践 「空腹ルール」で長寿もダイエットも実現する – グノシー

タイトルとURLをコピーしました