エアコンで冷えた身体には「温活ダイエット」が効果アリ!

ダイエット
image_page_2153294933358687701_image_no_0

温活とは、その名の通り温度を上げる活動、今回は体温を上げる活動ということになります。

出典ダイエット美

温活ダイエットで理想的な体温は、36.5℃~37.2℃!

出典女性らしさをアップするには?もっと健康的にキレイになるには?日々研究するアラサー女子のブログ。 – 女性ホルモン向上ラボ

「ダイエットをしても痩せない…」「食べると簡単に太ってしまう…」と悩んでいるアナタ!もしかしたら体温が低いため、痩せにくくなっていたり太りやすくなっている可能性があります。そんな体温の低い方にオススメなのが「温活」です。温活をすれば、低い体温を上昇させることができるので、痩せやすくなってダイエットしやすくなるんですよ。

出典ダイエットで痩せる方法ならヤセコレ!

温活はダイエットだけではないんです。なんと!美肌にも良いんです♪

出典:♪♪ジンジャーハニージャスミン♪♪ by ☆★☆★ANNA★☆★☆さん

身体を温める食べ物

(体を温める食材)生姜、唐辛子、ニンジン、ゴボウ、秋刀魚、サバ、マグロ、牛肉、鶏肉、羊肉 〈体を温める飲み物〉白湯や紅茶、ココア

出典温活ダイエットで貼るカイロを使うのは時代遅れ!?効果が最も高いのはこれ

image_page_2153294933358687701_image_no_1

起きたら白湯を飲む

朝の起きたては、身体がカラカラ状態。必ず何かを飲むかと思いますが、目覚めて一番に胃に入れるものを、白湯にしてみませんか? 一気に飲むのではなく、醒ましながら少しずつ飲むことで、胃のあたりがじんわり温まるのを感じることが出来る筈です。

出典トレンド重視のヘアサロン・ヘアカタログサイト | LATTE BEAUTY

image_page_2153294933358687701_image_no_2

朝食はしっかりと!

〝噛む〟という行動も身体の熱を作るためにもとても大切な行動です。そして、この熱は内臓脂肪が燃やされたことでできるため、ダイエットにも繋がるのです。食事でもこのようにエネルギーの代謝が行われるので、食事を抜くことはNGです。特に朝食。朝は体温が一番下がっています。そのときに食事を摂ることでは体温を上げることに繋がるので、朝ご飯もしっかり食べるようにしましょう!

出典° ○ ダイエット Cafe ○ 。 | 元エステティシャンが綴る ダイエット&美容情報! 面倒くさがりさんにおすすめ ダイエット中の簡単すぎるレシピあり!

image_page_2153294933358687701_image_no_3

入浴で身体を温める

浴槽に入る際は、必ずかけ湯をして、温度に身体を慣れさせてから。まずは首までゆっくり浸かり、首を温めます。首をぬるめのお湯で温めると、副交感神経が優位になり、血管が拡張するため、血流量がアップします。ただし、首まで浸かってすぐに出てしまうと、温度の変化により自律神経が乱れてしまいます。そこで、全身浴の次に半身浴を行い、身体を外気に慣れさせます。入浴時間の目安は、全身浴が5分、半身浴が10分程度です。

出典ダイエットブックBIZ

image_page_2153294933358687701_image_no_4

ストレスをためない

ストレスを受けると血の巡りが悪くなり、血管が収縮してしまいます。それにより冷えをひきおこすという悪循環に陥ってしまいます。ストレスは上手に発散しましょう。

出典ダイエット魂|痩せたい人を応援するWEBマガジン

出典:AMAZON:ザムスト(ZAMST) アーチ リフトソックス HA-1メッシュ ランニング 陸上 (両足入り) SSサイズ ピンク 375320

靴下を履く

家で素足でいたくなりますが、足が蒸れて不快にならない程度に出来るだけ靴下を履きましょう。

出典誰でもできる!1日5分マッサージ

出典:AMAZON:CandyBox ウエストニッパー 腹巻 シェイプアップ 骨盤矯正 補正下着 ダイエット (ブラック, L)

寝る時も冷やさない

眠っているときも身体を冷やさないように、腹巻きをして、お腹から冷えることを防ぎましょう。

出典Rhythm (リズム) | あなたにちょうどいい、リズムが見つかるヘルスケアメディア

image_page_2153294933358687701_image_no_5

運動をする

身体を温めるのに効果的なのは筋肉量を増やすことです。しかし、筋肉量はすぐに増やせるものではありませんね。少しずつ無理のない運動を始めていくのがおすすめです。

出典ビューティスキンラボ〜キレイになりたい女の子のための美肌情報メディア〜

ウォーキングは最も簡単に、日常生活に取り入れることができる運動。少なくとも1日1万歩を歩くことを目標とすると温活に効果的だと言われています。ウォーキングをする際は、・腹筋の下辺りを意識して、姿勢を正す・真っ直ぐ前に視線を向ける・少し歩幅を大きく歩く・1分間に85mほどの速さで歩くことを意識して行うとより効果を実感できるでしょう。

出典美容ブログ [女性の美学]

まとめ

血色が悪い人は不健康そうに見えるといいますが、たしかに血流が悪いと免疫力が弱っているので、見た目どおりの体調になってしまいます。もちろんダイエットもしにくく、脂肪が減らせられないので、太りやすくなってしまうでしょう。そこで温活をすれば徐々に血色もよくなり、健康的にダイエットできるので、体調を管理する意味でもおすすめです。

出典Lady通 大人女子のライフケア通信

タイトルとURLをコピーしました